内緒の借入する前に知っておくべき10の事TOP > 総量規制の対象外となる借入とはどのようなものでしょう

総量規制の対象外となる借入とはどのようなものでしょう

お金の借入に総量規制があるのをご存知でしょうか。2010年施行の貸金業法から新たに導入されたもので、年収の3分の1以上の金額の借入ができないというものです。それ以前の借入には上限がなく、返済できない金額を借り入れたことにより、債務整理を行う人が増えたため、このような上限額の規制が設けられるようになりました。とはいえ、この総量規制にも例外があります。たとえば不動産ローンや車のローン、高額医療費の貸付などは対象外です。また共に仕事をしている夫婦の場合は、それぞれの収入を合わせた分の3分の1が、限度額として適用されます。一部の消費者金融では、総量規制の対象とならない融資を行っている所もあります。また、銀行の場合は消費者金融とは違い、貸金業法ではなく銀行法によって経営されているため、総量規制は適用されません。ですから、普通のカードローンやキャッシングを、総量規制に縛られずに利用したい時には、銀行で借入を行うことのも1つの方法です。

ページTOPへ